/locale/ja-JP-mac/branding/brand.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\branding\brand.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\branding\brand.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
lang.version1.8b51.8

/locale/ja-JP-mac/communicator/wallet/wallet.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\communicator\wallet\wallet.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\communicator\wallet\wallet.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
IncorrectKey_TryAgain?マスターパスワードが不正です。再度試しますか?マスターパスワードが正しくありません。再度試しますか?
Caveatパスワード及びその他の機密情報を保存しています。##パスワードマネージャおよびフォームマネージャは、パスワード、ユーザー名、その他の取り扱いに注意を要する情報を保存し、必要な場合にはあなたに代わり自動的にその情報を入力します。#この機密情報は、あなたのコンピュータにファイルに保存されます。このファイルの情報は読み取ることが困難ですが、不可能ではありません。#他の人があなたのコンピュータにアクセスした場合に備えて、マスターパスワードを選択して、保存された機密情報をパスワード保護をしておくのが良いでしょう。#保存された情報をパスワードで保護するよう選択した場合、繰り返しマスターパスワードを入力するよう求められます。この方法はやや使い勝手が悪くなりますが、より強固なセキュリティを確保できます。パスワードなどの機密情報を保存しています。##パスワードマネージャとフォームマネージャでは、パスワード、ユーザ名、その他の重要な情報を保存しておき、必要に応じて自動的に入力します。#機密情報はあなたのコンピュータにファイルとして保存され、その読み取りは困難ですが、不可能ではありません。#他の人があなたのコンピュータにアクセスした場合に備え、保存される機密情報を保護するマスターパスワードを設定しておくことを推奨します。#保存する情報をパスワードで保護すると、時々マスターパスワードの入力を求められるため、多少不便になりますが、セキュリティ上はより安全です。

/locale/ja-JP-mac/global/appstrings.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\appstrings.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\appstrings.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
externalProtocolPrompt%1$S: プロトコルのリンクを処理するには外部のアプリケーションが必要です。次の URL の読み込みが要求されています。 %2$S\u30a2プリケーション: %3$S この URL の読み込みが意図していないものである場合、外部アプリケーションの脆弱性を利用しようとしている可能性があります。問題がないと確信できない限りこの要求はキャンセルしてください。 %1$S: プロトコルのリンクを処理するには外部のアプリケーションが必要です。次の URL の読み込みが要求されています。 %2$S アプリケーション: %3$S この URL の読み込みが意図していないものである場合、外部アプリケーションの脆弱性を利用しようとしている可能性があります。問題がないと確信できない限りこの要求はキャンセルしてください。

/locale/ja-JP-mac/global/brand.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\brand.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\brand.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
lang.version1.8b51.8

/locale/ja-JP-mac/global/netError.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\netError.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\netError.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
fileNotFound.longDesc<ul><li>ファイルの名前が変更、削除、または移動している可能性があります。</li><li>アドレスにタイプミス、大文字小文字の間違い、その他の誤字誤植がないか確認してください。</li><li>リソースへのアクセス権限があるか確認してください。</li></ul><ul><li>ファイルの名前が変更、削除、または移動している可能性があります。</li><li>アドレスに入力ミス、大文字小文字の違い、その他の間違いがないか確認してください。</li><li>リソースへのアクセス権限があるか確認してください。</li></ul>

/locale/ja-JP-mac/help/help.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\help\help.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\help\help.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
zLevel.label常に最前面に表示する常に一番手前に表示する

/locale/ja-JP-mac/messenger/addressbook/abCardOverlay.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\addressbook\abCardOverlay.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\addressbook\abCardOverlay.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
WorkCity.label市町村:市区町村:
HomeCity.label市町村:市区町村:

/locale/ja-JP-mac/messenger/addressbook/abNewCardDialog.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\addressbook\abNewCardDialog.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\addressbook\abNewCardDialog.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
WorkCity.label市町村:市区町村:
HomeCity.label市町村:市区町村:

/locale/ja-JP-mac/messenger/am-smime.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\am-smime.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\am-smime.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
encryption_wantSameあなたに送信するメッセージの暗号化と復号化に同じ証明書を使用しますか?あなたに送信するメッセージの暗号化と復号に同じ証明書を使用しますか?
encryption_needCertWantSame他の人があなたに暗号化したメールを送信する際に使用する有効な証明書も指定してください。あなたに送信するメッセージの暗号化と復号化に同じ証明書を使用しますか?他の人があなたに暗号化したメールを送信する際に使用する有効な証明書も指定してください。あなたに送信するメッセージの暗号化と復号に同じ証明書を使用しますか?

/locale/ja-JP-mac/messenger/importMsgs.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\importMsgs.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\importMsgs.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
2119市町村 (勤務先)市区町村 (勤務先)
2113市町村 (自宅)市区町村 (自宅)

/locale/ja-JP-mac/messenger/junkMail.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\junkMail.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\junkMail.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
manualMarkModeMove.label"迷惑メール" フォルダへ移動する「迷惑メール」 フォルダへ移動する
renderWithSafeHtml.label迷惑メールとマークされた HTML メッセージを表示するとき、HTML を清潔にする迷惑メールとマークされた HTML メッセージでは、安全な HTML タグ以外は無効化する
junkFolderOn.label"迷惑メール" フォルダ:「迷惑メール」 フォルダ:
purge2.label日以上古いものは自動的に削除する日以上前のものは自動的に削除する

/locale/ja-JP-mac/messenger/junkMailInfo.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\junkMailInfo.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\junkMailInfo.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
info3.label&brandShortName; が正確に迷惑メールを識別できるようになると、迷惑メールフィルタにより受信した迷惑メールを自動的に迷惑メールフォルダに移動させることができるようになります。&brandShortName; が迷惑メールを正確に判別できるようになったら、受信した迷惑メールを自動的に 「迷惑メール」 フォルダへと移動させると良いでしょう。
window.width450600
window.title迷惑メールについて迷惑メールフィルタについて
info1a.label受信メッセージの中から迷惑メール(スパムメール)のように見えるメッセージを &brandShortName; は自動的に識別できます。 迷惑メール判別機能により迷惑メールであると識別されたメッセージには迷惑メールアイコンが表示されます。"><!-- (^^; en-US: "&brandShortName; automatically detects incoming messages that appear to be junk mail (also known as spam). Messages that &brandShortName; thinks are junk will display a junk icon&brandShortName; には迷惑メール(スパムメール)であると思われる受信メッセージを自動的に識別する機能が備わっており、迷惑メールであると判断されたメッセージには迷惑メールアイコン
info2.label初めはツールバーの 「迷惑メール」 ボタンを用いて、各メッセージが迷惑メールであるかどうかマークしていってください。あなたのその判断を元に迷惑メールの識別基準が作られていきます。"><!-- (^^; en-US: "At first, you must train &brandShortName; to identify junk mail by using the Junk toolbar button to mark messages as junk or not junk.初めはツールバーの 「迷惑メール」 ボタンを用いて、各メッセージが迷惑メールであるかどうかマークしていってください。あなたのその判断を元に迷惑メールの識別基準が作られていきます。
info1b.label.が表示されます。

/locale/ja-JP-mac/messenger/messenger.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\messenger.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\messenger.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
loadFirstDraft.label最初の下書きをロード最初の下書きを読み込む

/locale/ja-JP-mac/messenger/messenger.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\messenger.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\messenger.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
updatesItem_resume%S のダウンロードを再開...ダウンロードを再開: %S...

/locale/ja-JP-mac/messenger/msgmdn.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\msgmdn.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\msgmdn.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
MsgMdnWishToSend送信者はこのメッセージを読んだら通知するように求めています。 送信者に通知してもよろしいですか?送信者はこのメッセージの開封確認を送付するように求めています。 送信者に開封確認を送付してもよろしいですか?

/locale/ja-JP-mac/messenger/offlineStartup.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\offlineStartup.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\offlineStartup.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
desc今すぐオンラインにしますか? ここで 「オフラインにする」 を選択した場合でも、「ファイル」 -> 「オフライン」 -> 「オンラインにする」 メニューのチェックを外せばいつでもオンラインにできます。今すぐオンラインにしますか? ここで 「オフラインにする」 を選択した場合でも、「ファイル」 -> 「オフライン」 -> 「オンライン作業」 メニューのチェックを外せばいつでもオンラインにできます。

/locale/ja-JP-mac/messenger/preferences/fonts.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\fonts.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\fonts.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
font.langGroup.canadian統一カナダ音節文字表統合カナダ先住民音節文字
font.langGroup.balticバルト語バルト諸語
font.langGroup.cyrillicキリル語キリル文字

/locale/ja-JP-mac/messenger/preferences/preferences.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\preferences.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\preferences.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
prefWindow.styleMacwidth: 50em;width: 54em;

/locale/ja-JP-mac/messenger-smime/msgReadSMIMEOverlay.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger-smime\msgReadSMIMEOverlay.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger-smime\msgReadSMIMEOverlay.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
CantDecryptTitleこのメッセージを復号化できませんでしたこのメッセージを復号できませんでした

/locale/ja-JP-mac/messenger-smime/msgSecurityInfo.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger-smime\msgSecurityInfo.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger-smime\msgSecurityInfo.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
EIInvalidHeaderメッセージは送信前に暗号化されていますが、復号化できませんでした。メッセージは送信前に暗号化されていますが、復号できませんでした。

/locale/ja-JP-mac/mozapps/downloads/downloads.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\downloads\downloads.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\downloads\downloads.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
cmd.cleanUp.tooltip完了、キャンセル、失敗したダウンロード履歴を一覧から削除しますファイルのダウンロード履歴を消去します

/locale/ja-JP-mac/mozapps/extensions/extensions.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\extensions\extensions.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\extensions\extensions.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
homepage.tooltip拡張機能のホームページを表示します拡張機能のサイトを表示します
cmd.homepage.labelホームページを表示サイトを表示

/locale/ja-JP-mac/mozapps/extensions/extensions.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\extensions\extensions.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\extensions\extensions.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
updateErrorMessage更新を確認中にエラーが発生しました。更新の確認中にエラーが発生しました。

/locale/ja-JP-mac/mozapps/preferences/changemp.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\preferences\changemp.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\preferences\changemp.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
masterPasswordDescription.labelマスターパスワードはサイトパスワードなどの機密情報を保護するために使用されます。マスターパスワードを設定すると、マスターパスワードで保護して保存されている情報を読み出すときに、セッション間で一度だけ入力を求められます。マスターパスワードはサイトパスワードなどの機密情報を保護するために使用されます。マスターパスワードを設定すると、マスターパスワードで保護された情報をセッションで最初に読み出すときに、マスターパスワードの入力を求められます。

/locale/ja-JP-mac/mozapps/preferences/ocsp.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\preferences\ocsp.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\preferences\ocsp.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
certOCSP.label証明書に OCSP レスポンダの URL が記載されている場合にのみ利用する証明書に OCSP サービス URL が記載されている場合にのみ利用する

/locale/ja-JP-mac/mozapps/update/incompatible.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\update\incompatible.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\update\incompatible.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
incompatible.update&brandShortName; はこれらの互換性のあるバージョンが公開されていないか定期的に確認します。&brandShortName; を更新しても、これらの互換性のあるバージョンが公開されていないか定期的に確認されます。
incompatible.introインストールしようとしている &brandShortName; の更新と以下のパッケージは互換性がありません。更新をインストールするとこれらは無効化されます:インストールしようとしている &brandShortName; の更新と以下の拡張機能やテーマとは互換性がありません。更新をインストールするとこれらは無効化されます:

/locale/ja-JP-mac/mozapps/update/updates.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\update\updates.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\update\updates.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
incompatible.warningこの更新をインストールすると、互換性のあるものが公開されるまで拡張機能やテーマの一部が機能しなくなります。この更新をインストールすると、互換性のあるものがまだ公開されていない一部の拡張機能やテーマが機能しなくなります。

/locale/ja-JP-mac/mozapps/update/updates.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\update\updates.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\update\updates.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
checker_error-2152398868AUS: データを受信できませんでした (再度試してください)自動更新状況: データを受信できませんでした (再度試してください)
checker_error-2152398867AUS: ポートの使用を許可されていません (管理者に問い合わせてください)自動更新状況: ポートの使用を許可されていません (管理者に問い合わせてください)
checker_error-404AUS: 更新情報 XML ファイルが見つかりませんでした (404)自動更新状況: 更新情報 XML ファイルが見つかりませんでした (404)
checker_error-2152398862AUS: 接続がタイムアウトしました自動更新状況: 接続がタイムアウトしました
checker_error-403AUS: アクセス拒否されました (403)自動更新状況: アクセス拒否されました (403)
checker_error-2152398861AUS: 接続を拒否されました自動更新状況: 接続を拒否されました
checker_error-500AUS: サーバ内部でエラーが発生しました (500)自動更新状況: サーバ内部でエラーが発生しました (500)
checker_error-2152398878AUS: 更新サーバが見つかりませんでした (インターネット接続を確認するか、管理者に問い合わせてください)自動更新状況: 更新サーバが見つかりませんでした (インターネット接続を確認するか、管理者に問い合わせてください)
checker_error-2152398919AUS: データ転送が中断されました (再度試してください)自動更新状況: データ転送が中断されました (再度試してください)
checker_error-200AUS: 更新情報 XML ファイルが整形式になっていません (200)自動更新状況: 更新情報 XML ファイルが整形式になっていません (200)

/locale/ja-JP-mac/navigator/navigator.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\navigator\navigator.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\navigator\navigator.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
oldTheme選択されたテーマは %brand% の以前のバージョン用のもので、現在の %brand% では使用できません。そのテーマの新しいバージョンがないか %brand% テーマサイトで確認してください。このテーマは \u300c%theme_name% の削除\u300d ボタンをクリックすると削除できます。選択されたテーマは %brand% の以前のバージョン用のもので、現在の %brand% では使用できません。そのテーマの新しいバージョンがないか %brand% テーマサイトで確認してください。このテーマは 「%theme_name% の削除」 ボタンをクリックすると削除できます。

/locale/ja-JP-mac/pipnss/pipnss.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pipnss\pipnss.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pipnss\pipnss.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
CertNoEmailAddress(電子メールアドレス無し)(メールアドレス無し)
VerifyEmailSigner電子メール署名者の証明書メール署名者の証明書
NSSInitProblemブラウザのセキュリティコンポーネントを初期化できませんでした。大抵の場合これはブラウザプロファイルフォルダに問題があることによります。フォルダへの読み出しと書き込みの権限が制限されていないか、ハードディスクが一杯あるいはほぼ一杯になっていないか確認してください。ブラウザを一度終了して問題を修正することをお勧めします。ブラウザのセッションを継続すると、セキュリティ機能が求められるときの動作が異常になる可能性があります。ブラウザのセキュリティコンポーネントを初期化できませんでした。ブラウザプロファイルフォルダに問題がある可能性があります。ブラウザプロファイルフォルダへ読み出しと書き込みの適切な権限があるか、ハードディスクの空き容量が少なくなっていないか確認してください。ブラウザを一度終了して問題を解消することをお勧めします。ブラウザのセッションを継続すると、セキュリティ機能が異常動作する可能性があります。
ForcedBackup2万一個人用セキュリティパスワードを忘れたり、ファイルが改変されてしまい秘密鍵にアクセスできなくなったときには、このバックアップコピーから秘密鍵と証明書を復元できます。個人用セキュリティパスワードを忘れたり、ファイルが改変されてしまい秘密鍵にアクセスできなくなったときには、このバックアップコピーから秘密鍵と証明書を復元できます。
VerifyEmailRecip電子メール受信者の証明書メール受信者の証明書

/locale/ja-JP-mac/pippki/deviceManager.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pippki\deviceManager.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pippki\deviceManager.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
loaddevice.titlePKCS#11 デバイスをロードPKCS#11 デバイスの追加

/locale/ja-JP-mac/pippki/pippki.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pippki\pippki.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pippki\pippki.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
escrowWarn.benefit1バックアップを認証局に保存すると、万一あなたが自分の秘密鍵を紛失したとき、この認証局にコピーの作成を求めることができます。バックアップを認証局に保存しておくと、あなたが自分の秘密鍵を紛失した場合、この認証局にコピーの作成を求めることができます。

/locale/ja-JP-mac/pippki/pippki.properties

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pippki\pippki.properties
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pippki\pippki.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
deleteCaCertConfirm本当にこれらの認証局証明書を削除してもよろしいですか?本当に次の認証局証明書を削除してもよろしいですか?
deleteEmailCertConfirm本当にこの人たちの電子メール証明書を削除してもよろしいですか?本当にこの人たちのメール証明書を削除してもよろしいですか?
deleteSslCertConfirm本当にこれらのサイト証明書を削除してもよろしいですか?本当に次のサイト証明書を削除してもよろしいですか?
importEmailCertPrompt電子メール証明書をインポートします。証明書を含むファイルを選択してください。メール証明書をインポートします。証明書を含むファイルを選択してください。
deleteEmailCertImpact電子メール証明書を削除すると、この人たちに暗号化された電子メールを送ることができなくなります。メール証明書を削除すると、この人たちに暗号化されたメールを送ることができなくなります。
deleteEmailCertTitle電子メール証明書を削除メール証明書を削除
deleteUserCertConfirm本当にこれらの証明書を削除してもよろしいですか?本当に次の証明書を削除してもよろしいですか?

/locale/ja-JP-mac/pippki/pref-validation.dtd

Old File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.0.18.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pippki\pref-validation.dtd
New File:D:\_Dev_\Firefox\L10N\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.5.ja-JP-mac.langpack-1.5.0.2.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pippki\pref-validation.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
validation.crlautoupdatestatus.label自動更新の状況自動更新状況
certOCSP.label証明書に OCSP レスポンダの URL が記載されている場合にのみ利用する証明書に OCSP サービス URL が記載されている場合にのみ利用する