/locale/ja-JP-mac/global/dialog.properties

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\dialog.properties
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\dialog.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
accesskey-helpH
accesskey-disclosureI

/locale/ja-JP-mac/global/printdialog.properties

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\printdialog.properties
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\printdialog.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
extendtrue

/locale/ja-JP-mac/global/xpinstall/xpinstall.properties

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\xpinstall\xpinstall.properties
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\global\xpinstall\xpinstall.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
error-203
予期せぬエラーが発生しました。 詳細については JavaScript コンソールのログを参照してください。

/locale/ja-JP-mac/messenger/am-smime.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\am-smime.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\am-smime.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
managecerts.button証明書を表示
managecerts.label証明書証明書を表示
managedevices.label
セキュリティデバイス
certificates.label
証明書
managedevices.buttonセキュリティデバイス

/locale/ja-JP-mac/messenger/eudoraImportMsgs.properties

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\eudoraImportMsgs.properties
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\eudoraImportMsgs.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
2002Mailbox %S, imported %d messagesメールボックス %S から %d メッセージインポートしました。
2001Eudora mail and address booksEudora のメールとアドレス帳
2004Error accessing file for mailbox %S.メールボックス %S のファイルにアクセスできませんでした。
2003Bad parameter passed to import mailbox.メールボックスのインポート時に不正なパラメータが渡されました。

/locale/ja-JP-mac/messenger/preferences/advanced.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\advanced.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\advanced.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
modeAutoWarn.accesskey
W
autoInstallOptions.accesskeyd
enableAutoInstall.label更新を自動的にダウンロードしてインストールする
modeAutomatic.label
自動的に更新をダウンロードしてインストールする
enableExtensionUpdate.accesskeyMx
modeAutomatic.accesskey
d
autoInstallOptions.label詳細設定...
whenUpdatesFound.label
&brandShortName; の更新が見つかったとき:
autoCheck.label
次のソフトウェアの更新を定期的に確認する:
softwareupdateinfo.label次のソフトウェアの更新を定期的に確認する:
modeAskMe.label
どうするか確認する
modeAskMe.accesskey
A
modeAutoWarn.label
更新により拡張機能やテーマが無効化される場合は警告する
enableAutoInstall.accesskeyA

/locale/ja-JP-mac/messenger/preferences/changeaction.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\changeaction.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\changeaction.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
changeAction.titleダウンロード時の動作設定添付ファイルを開く時の動作設定
whenDownloading.labelこの種類のファイルをダウンロードしたとき次のように処理する:この種類の添付ファイルを開く時は次のように処理する:
saveToDefaultFolder.labelデフォルトダウンロードフォルダデフォルト添付ファイルフォルダ

/locale/ja-JP-mac/messenger/preferences/connection.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\connection.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\connection.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
window.width37em40em

/locale/ja-JP-mac/messenger/preferences/display.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\display.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\display.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
viewingPlainText.labelプレーンテキストメッセージの表示設定:プレーンテキストメッセージの表示:
variableWidth.labelプロポーショナルフォントプロポーショナル
overrideSender.labelHTML メッセージの表示設定:HTML メッセージの表示:
fontsDescription.label&brandShortName; で使用するフォントを指定してください&brandShortName; で使用するフォントを指定してください。
displayLabelsText.labelメッセージを分類したり印を付けるためにラベルを使用しますメッセージを分類したり印を付けるためにラベルを使用します。
displayText.label引用されたテキストメッセージの表示設定:引用されたテキストメッセージの表示:
fixedWidth.label等幅 (Monospace)フォント等幅 (Monospace)

/locale/ja-JP-mac/messenger/preferences/downloadactions.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\downloadactions.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\downloadactions.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
downloadactionsWindow.titleダウンロード時の動作設定添付ファイルを開く時の動作設定

/locale/ja-JP-mac/messenger/preferences/downloads.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\downloads.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\downloads.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
alwaysAsk.labelファイルごとに保存先を指定する添付ファイルごとに保存先を指定する
fileTypes.labelダウンロード時の動作設定添付ファイルを開く時の動作設定
fileTypesDescription.label添付ファイルの種類に応じて保存したり開いたりします。添付ファイルの種類に応じて決められた処理を実行します。
askOnSave.label添付ファイルフォルダ添付ファイルの保存先

/locale/ja-JP-mac/messenger/preferences/preferences.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\preferences.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\preferences.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
prefWindow.styleMacwidth: 47em;width: 50em;
prefWindow.styleWinwidth: 44em; height: 38em;width: 46em; height: 38em;

/locale/ja-JP-mac/messenger/preferences/preferences.properties

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\preferences.properties
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\preferences\preferences.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
fpTitleChooseAppヘルパーアプリケーションを選択してくださいヘルパーアプリケーションを選択してください
fileEnding%S ファイル%S ファイル
password_not_set(未設定)(未設定)
setMasterPasswordマスタパスワードを設定...マスタパスワードを設定...
pw_not_wanted警告: マスタパスワードを使用しないように設定しました。警告: マスタパスワードを使用しないように設定しました。
actionsAllダウンロードファイルの種類に応じて保存したり開いたりします:添付ファイルの種類に応じて決められた処理を実行します:
removeTitleMultiple動作設定の削除動作設定の削除
removeButtonSingle動作設定を削除動作設定を削除
pw_change_failed_titleパスワードを変更できませんでしたパスワードを変更できませんでした
html_domainsAddDomainTitleHTML 形式のメールを送るドメイン名を追加HTML 形式のメールを送るドメイン名を追加
downloadHelperNoneSelected選択されていません選択されていません
pw_change_okマスタパスワードが正常に変更されました。マスタパスワードが正常に変更されました。
removeTitleSingle動作設定の削除動作設定の削除
plaintext_domainsAddDomainTitleプレーンテキストでメールを送るドメイン名を追加プレーンテキストでメールを送るドメイン名を追加
domainNameErrorTitleドメイン名エラードメイン名エラー
chooseDownloadFolderTitleダウンロードフォルダを選択:添付ファイルの保存先を選択:
removeButtonMultiple動作設定を削除動作設定を削除
removeMessageMultipleこれら種類のファイルをダウンロードするときに現在設定されている動作が行われなくなります。これらの動作設定を解除してよろしいですか?これら種類の添付ファイルを開くときに現在設定されている動作が行われなくなります。これらの動作設定を解除してよろしいですか?
domainDuplicationErrorドメイン名 %S は既に送信メールの形式を指定されています。ドメイン名 %S は既に送信メールの形式を指定されています。
changeMasterPasswordマスタパスワードを変更...マスタパスワードを変更...
pw_empty_warningメールのパスワードは保護されません。メールのパスワードは保護されません。
pw_remove_button削除削除
incorrect_pw入力された現在のマスタパスワードが正しくありません。入力し直してください。入力された現在のマスタパスワードが正しくありません。入力し直してください。
pw_change_success_titleパスワードを正常に変更しましたパスワードを正常に変更しました
soundFilePickerTitle通知音ファイルを選択してください通知音ファイルを選択してください
extensionNone(なし)(なし)
openWith%S で開く%S で開く
fpTitleChooseDLダウンロードフォルダを選択してください添付ファイルの保存先を選択してください
removeMessageSingleこの種類のファイルをダウンロードするときに現在設定されている動作が行われなくなります。この動作設定を解除してよろしいですか?この種類の添付ファイルを開くときに現在設定されている動作が行われなくなります。この動作設定を解除してよろしいですか?
pw_erased_okマスタパスワードを削除しました。マスタパスワードを削除しました。
myDownloadsFolderNameマイダウンロードマイダウンロード
actionsFiltered次の動作設定が検索にマッチしました:次の動作設定が検索にマッチしました:
saveToDiskディスクに保存ディスクに保存
failed_pw_changeマスタパスワードを変更できませんでした。マスタパスワードを変更できませんでした。
desktopFolderNameデスクトップデスクトップ
pw_change2empty_in_fips_mode現在 FIPS モードです。FIPS モードではマスタパスワードを空にすることができません。現在 FIPS モードです。FIPS モードではマスタパスワードを空にすることができません。
plaintext_domainsAddDomainプレーンテキスト使用ドメイン名:プレーンテキスト使用ドメイン名:
html_domainsAddDomainHTML メール使用ドメイン名:HTML メール使用ドメイン名:

/locale/ja-JP-mac/messenger/mailviews.properties

Old File: none
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\messenger\mailviews.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
mailViewRecentMail
最近のメール
mailViewLastFiveDays
過去 5 日間
mailViewNotJunk
非迷惑メール
mailViewPeopleIKnow
知り合い
mailViewHasAttachments
添付ファイル付き

/locale/ja-JP-mac/mozapps/downloads/downloads.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\downloads\downloads.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\downloads\downloads.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
window.width
400
window.height
300

/locale/ja-JP-mac/mozapps/preferences/ocsp.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\preferences\ocsp.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\preferences\ocsp.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
signingCA.label応答署名者:レスポンダ:
ocspDialog.title検証OCSP
proxyOCSP.label次の URL と署名者により、すべての証明書を OSCP で検証する:次の OCSP レスポンダを利用してすべての証明書を検証する:
validation.ocsp.descriptionOCSP (Online Certificate Status Protocol) によって証明書を検証できます。OCSP を使用するには次の項目を設定してください:OCSP (Online Certificate Status Protocol) はデジタル証明書の有効性をオンラインで検証するためのプロトコルです。 OCSP の利用方法を選択してください:
disableOCSP.label証明書の検証に OCSP を使用しない証明書の検証に OCSP を利用しない
certOCSP.labelOCSP サービス URL が指定されている証明書のみ OCSP で検証する証明書に OSCP レスポンダの URL が記載されている場合にのみ利用する

/locale/ja-JP-mac/mozapps/update/updates.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\update\updates.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\update\updates.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
errorpatching.intro差分アップデートを適用できませんでした。完全アップデートをダウンロードしてインストールします。差分更新を適用できませんでした。完全更新をダウンロードしてインストールします。
verificationFailedText.labelダウンロードした差分アップデートの完全性を確認できなかったため、完全アップデートパッケージをダウンロードしています。ダウンロードした差分更新の完全性を確認できなかったため、完全更新パッケージをダウンロードしています。

/locale/ja-JP-mac/mozapps/update/updates.properties

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\update\updates.properties
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\mozapps\update\updates.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
updateType_securityセキュリティアップデートセキュリティの更新

/locale/ja-JP-mac/passwordmgr/passwordmgr.properties

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\passwordmgr\passwordmgr.properties
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\passwordmgr\passwordmgr.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
rememberButton
記憶する
notNowButton
今回は記憶しない
neverForSiteこのサイトでは記憶しない
savePasswordTextパスワードマネージャはこの Web サイトのログイン情報を記憶して、次回訪れる際に自動的に入力することができます。 パスワードマネージャにこのログイン情報を記憶させますか?このパスワードを記憶させますか?
neverForSiteButton
このサイトでは記憶しない

/locale/ja-JP-mac/pipnss/pipnss.properties

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pipnss\pipnss.properties
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pipnss\pipnss.properties

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
VerifyStatusResponderステータス情報送信元の証明証ステータス情報送信元の証明書

/locale/ja-JP-mac/pippki/pref-validation.dtd

Old File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.6.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pippki\pref-validation.dtd
New File:D:\Development\lot\temp\lpdiff\dest\thunderbird\thunderbird-1.0+.ja-JP-mac.langpack-1.0.7.xpi\chrome\ja-JP-mac.jar\locale\ja-JP-mac\pippki\pref-validation.dtd

ENTITYOLD VALUENEW VALUE
signingCA.label応答署名者:レスポンダ:
proxyOCSP.label次の URL と署名者による OCSP ですべての証明書を検証する:次の OCSP レスポンダを利用してすべての証明書を検証する:
validation.ocsp.description証明書の検証にオンライン証明書状態プロトコル (OCSP) が利用できます。 OCSP を使う場合は以下を設定してください:OCSP (Online Certificate Status Protocol) はデジタル証明書の有効性をオンラインで検証するためのプロトコルです。 OCSP の利用方法を選択してください:
certOCSP.labelOCSP サービス URL を指定した証明書のみ、OCSP で検証する証明書に OSCP レスポンダの URL が記載されている場合にのみ利用する